銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

今月の劇場・画廊のご案内


劇場画廊

劇場案内(9件)


十月大歌舞伎 歌舞伎座

開催期間:10月4日~27日/Tel:3545-6800
第一部「鬼揃紅葉狩」「荒川十太夫」/第二部「祇園恋づくし」「釣女」/第三部「源氏物語」「盲長屋梅加賀鳶」
出演・梅玉、歌六、鴈治郎、幸四郎、松緑、猿之助ほか
名作講談が原作の新作歌舞伎「荒川十太夫」は松緑の主演。「祇園恋づくし」は鴈治郎・幸四郎が二役早替りで勤める。

「女の一生」 新橋演舞場

開催期間:10月18日~23日/Tel:3541-2600
出演・大竹しのぶ、風間杜夫、高橋克実、段田安則ほか
不朽の名作。戦災孤児の布引けいが婚家の柱となっていく。

「二十五世 観世左近元正 三十三回忌 秋の追善能」 観世能楽堂
開催期間:10月2日/Tel:6274-6579
出演・観世清和、観世恭秀、武田宗和、観世芳伸ほか
能「姨捨」「烏帽子折」、舞囃子「砧」ほかを上演。

「conSept Musical Drama #7 SERI ~ひとつのいのち」 博品館劇場
開催期間:10月6日~16日/Tel:3571-1003
出演・山口乃々華、奥村佳恵、和田琢磨、植本純米ほか
千璃(セリ)をめぐる、多様性に光を当てるミュージカル。

ミュージカル「エリザベート」 帝国劇場
開催期間:10月9日~11月27日/Tel:3213-7221
出演・花總まり/愛希れいか、山崎育三郎/古川雄大ほか
ハプスブルグの皇后エリザベートと彼女を愛した黄泉の帝王“トート=死”。小池修一郎潤色の大ヒットミュージカル。

「アルキメデスの大戦」 シアタークリエ
開催期間:10月1日~17日/Tel:3591-2400
出演・鈴木拡樹、宮崎秋人、福本莉子、近藤頌利ほか
数学者の視点から第二次世界大戦を描く出色の漫画を、注目の劇団チョコレートケーキのクリエイター陣が舞台化。

ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」 日生劇場
開催期間:10月6日~29日/Tel:3503-3111
出演・中川晃教/花村想太、藤岡正明/尾上右近ほか
ザ・フォー・シーズンズの実話を描く感動のミュージカル。

「小森谷巧 ピアノクインテット ジブリとクラシックのコンサート」 銀座王子ホール
開催期間:10月5日/Tel:3567-9990
出演・小森谷巧、辻遥、三原明人、グレイ理沙、森崎愛弓
『千と千尋の神隠し』より「あの夏へ」ほかを演奏。

宝塚歌劇宙組公演 東京宝塚劇場
開催期間:10月15日~11月20日/Tel:0570-00-5100
『HiGH&LOW-THE PREQUEL-』『Capricciosa(カプリチョーザ)!!』-心のままに- 真風涼帆主演。人気シリーズの前日譚を宝塚歌劇で舞台化。守るべき女性と街をめぐり葛藤する男たちの愛と闘いの物語と、伊達男のイタリア放浪を綴るパワフルでセクシーな魅惑のショー。


画廊案内(8件)

ジョルジュ・ルオー展

ギャルリーためなが
開催期間:~10月10日/Tel:3573-5368
20世紀を代表するフランスの画家ルオー。70年間に及ぶその画業を網羅する名品30点余りを紹介。鮮やかな色彩による重厚なマチエール(質感)が豊かな響きを映し出す。ルオーの崇高な世界を堪能できる貴重な展覧会。

「細谷巖 突き抜ける気配 Hosoya Gan―Beyond G」
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
開催期間:~10月24日/Tel:3571-5206
69年間、広告デザイン界の第一線で活躍してきたアートディレクター・グラフィックデザイナーのこれまでの作品を網羅した展示。

矢萩春恵展「ま・な・ざ・し」 

セイコーハウス銀座ホール
開催期間:9月29日~10月10日/Tel:3562-2111
時代を斬新に表現してきた女流書家の第一人者の個展。「ま・な・ざ・し」という大きな観点から今を捉えた、繊細かつ躍動感あふれる50余点の作品を展示。

「村瀬治兵衛」展

ギャラリー桜の木
開催期間:10月5日~24日/Tel:3573-3313
江戸時代より続く木地師の家に生まれ、木材の加工から漆塗りまで一貫して手がける作家。木ごとの魅力が最大限に引き出された作品は、洗練された造形と存在感が魅力。初発表の掛花入をはじめ、さまざまな漆作品約40点を展観。

中島敦子 漆展
靖山画廊
開催期間:10月6日~14日/Tel:3546-7356
日常使いができる乾漆の器や小物から、白蝶貝に箔を施した飾り皿まで、熟練した確かな技術と独特のセンスから生み出された、幅広い作品を紹介する展覧会。自由な発想から繰り出される“ワザ”が見どころ。

近藤高弘 個展
東京画廊+BTAP
開催期間:10月8日~11月12日/Tel:3571-1808
染付で有名な人間国宝・近藤悠三を祖父に、陶芸家・近藤濶を父に持つ作家は、創造の精神を受け継ぎながらも、伝統的な染付に代わる現代らしい造形を追求。オリジナル技法で特許を取得した「銀滴彩」シリーズや新作を展観する。

遠藤彰子展―つくるたのしみ―
ギャラリームサシ
開催期間:10月10日~16日/Tel:3564-6348
ついに、あの超大作のスターが初登場。今回は絵筆を鑿(のみ)や小刀に持ちかえ、立体作品を発表。500号の画布以外のフィールドを知る、稀有な1週間。流木細工の人や動物など純朴。武蔵美名誉教授、二紀会会員、安井賞受賞。

三浦幸子展
うしお画廊
開催期間:10月24日~29日/Tel:3571-1771
板絵、銅版画、ガラス絵作品など約10点を展示予定。2018年、天空を翔ける「聖獣麒麟」という想像上の動物を自由に描き好評を博した展示を新たに構成。

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2022 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会