銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

今月の劇場・画廊のご案内


劇場画廊

劇場案内(8件)


芸術祭十月大歌舞伎 歌舞伎座
開催期間:10月1日〜25日/Tel:3545-6800
昼の部「三人吉三巴白浪」「大江山酒呑童子」「佐倉義民伝」/夜の部「宮島のだんまり」「吉野山」「助六曲輪初花桜」
出演・白鸚、仁左衛門、玉三郎、扇雀、勘九郎ほか
十八世中村勘三郎七回忌追善の公演で、ゆかりのある演目や俳優がそろう。

浪漫活劇 るろうに剣心 新橋演舞場
開催期間:10月11日〜11月7日/Tel:3541-2600
出演・早霧せいな、上白石萌歌、松岡充ほか
好評を博した宝塚歌劇団での舞台化に続き、早霧せいなが主演。小池修一郎による新演出での人気コミック原作ミュージカル。

音阿弥生誕六百二十年 観世会秋の別会 観世能楽堂
開催期間:10月7日/Tel:6274-6579
出演・観世清和、武田尚浩ほか
「三輪」と「正尊」の2演目を上演する。

放課後の厨房男子 博品館劇場
開催期間:10月18日〜11月4日/Tel:3571-1003
出演・ふぉ〜ゆ〜、前野明哉、野澤裕樹ほか
ジャニーズの若手グループのメンバー総出演で贈る、廃部に直面する男子校の料理部を舞台にくり広げられる物語。

マリー・アントワネット 帝国劇場
開催期間:10月8日〜11月25日/Tel:3213-7221
出演・花總まり/笹本玲奈、ソニン/昆夏美ほか
王妃マリー・アントワネットと庶民の娘マルグリット・アルノー、フランス革命で交錯する2人の“MA”を描く、大作ミュージカルの新演出版。

おもろい女 シアタークリエ
開催期間:10月8日〜29日/Tel:3591-2400
出演・藤山直美、渡辺いっけい、山本陽子ほか
昭和初期に大活躍した天才漫才師“ミス・ワカナ”の熱い生涯と、漫才で頂点を極めるまでをドラマチックに描く。

東宝主催公演「ジャニーズ伝説2018」 日生劇場
開催期間:10月7日〜29日/Tel:3503-3111
出演・A.B.C.-Zほか
ジャニー喜多川が作・構成・演出するミュージカル。

宝塚歌劇月組公演 東京宝塚劇場
開催期間:10月19日〜11月18日/Tel:0570-00-5100
『エリザベート−愛と死の輪舞(ロンド)−』
珠城りょう主演。1996年の初演以来、独創的なストーリーと美しい旋律で彩られたミュージカル・ナンバーで多くの人々を魅了。観客動員数は240万人を記録、名実ともに宝塚歌劇を代表する人気ミュージカルの記念すべき10回目の上演。


画廊案内(8件)

good design company 1998-2018
クリエイションギャラリーG8
開催期間:〜10月18日/Tel:6835-2260
「デザインで世の中を良くすること」を目指し、熊本県公式キャラクター「くまモン」をはじめ、長く愛されるデザインを世の中に送り続けるgood design companyの20年間の活動の軌跡を一望する初個展。

「眠らない手」エルメスのアーティスト・レジデンシー展
銀座メゾンエルメス フォーラム
開催期間:〜11月4日 11月15日〜1月13日/Tel:6835-2260
世代を超えて伝承される技を持つ職人と、創造性豊かな現代アーティストが出会い、「共有」と「協働」を行う。エルメスならではの滞在制作プログラムの成果を、2期に分けて展示する。

小野月世水彩展
ギャラリー一枚の繪
開催期間:10月1日〜13日/Tel:3575-0123
日本水彩画会常務理事による個展。普段の生活の中から、花、風景、人物など、作家の心をとらえたモチーフを美しい光とともに表現する。

中田真央展
ガレリア・グラフィカ
開催期間:10月1日〜13日/Tel:5550-1335
木版画をベースに色鉛筆や筆でていねいに描いた、絵本の一場面のような人物や動物の絵画10数点を展示予定。

花 村上 豊
和光ホール
開催期間:10月12日〜21日/Tel:3562-2111
新聞や雑誌の挿絵や書籍の装丁、絵本など多岐にわたり活動する画家の7回目となる個展。人の心をひきつける、華のある作品を描きたいという想いから生まれた、日本の原風景をはじめ、洒脱で情緒あふれる小作品約80点を紹介する。

赤木睦代個展
ギャラリームサシ
開催期間:10月15日〜21日/Tel:3564-6348
和歌山県生まれ、二紀会会員。牛に魅せられた画家。さまざまな画材、技法で牛の魂を表現し、パリの個展でもその質の高さが話題を呼んだ。油画を中心に屏風、掛け軸など約30点を展覧。

堂前守人展
ACギャラリー
開催期間:10月15日〜21日/Tel:3573-3676
大分や愛知、オーストラリア、ニュージーランドなどで作陶や絵付けを習得した作家の「つながる・貼り付ける」がテーマの花の器やレリーフなど新作100数点を展観する。

蒼愁志野−人間と花−第14回展「有」
銀座かねまつホール
開催期間:10月22日〜31日/Tel:3573-5285
原蒼愁の志野焼個展。帽子や婦人像、茶碗、水指、向付、花入、香合、菓子器、鉢、ぐい呑のほか、陶彫の作品など絵志野・鼠志野で表現する35余点を発表する。

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2018 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会