銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

今月の劇場・画廊のご案内


劇場画廊

劇場案内(9件)


十二月大歌舞伎 歌舞伎座
開催期間:12月2日〜26日/Tel:3545-6800
昼の部「幸助餅」「於染久松色読販」/夜の部「壇浦兜軍記」「あんまと泥棒」(Aプロ「二人藤娘」/Bプロ「傾城雪吉原」)
出演・玉三郎、松緑、彦三郎、壱太郎ほか
昼の部は、壱太郎が七役を勤める「於染久松色読販」、夜の部では玉三郎、梅枝と児太郎が交替で阿古屋を勤める。

喜劇 有頂天団地 新橋演舞場
開催期間:12月1日〜22日/Tel:3541-2600
出演・渡辺えり、キムラ緑子、笹野高史、鷲尾真知子ほか
小幡欣治のオリジナル喜劇『隣人戦争』を松竹初登場のマギーが演出。おなじみ“有頂天シリーズ”の第3弾公演。

観世会定期能 観世能楽堂
開催期間:12月2日/Tel:6274-6579
出演・観世恭秀、観世三郎太ほか
「鉢木」と「乱」の2演目を上演する。

ザ・ニュースペーパー Part94 博品館劇場
開催期間:12月18日〜24日/Tel:3571-1003
出演・渡部又兵衛、松下アキラ、福本ヒデ、竹内康明ほか
愉快な男たちが贈る、劇団結成30周年記念公演第2弾。

ジャニーズ King&Prince アイランド  帝国劇場
開催期間:12月6日〜1月27日/Tel:3213-7221
出演・King&Prince、sixTONES、Snow Manほか
ジャニーズJr.の若手人気グループのミュージカル。

オン・ユア・フィート! シアタークリエ
開催期間:12月8日〜30日/Tel:3591-2400
出演・朝夏まなと、一路真輝、相葉裕樹/渡辺大輔ほか
歌手グロリア・エステファンの半生を、ラテン・ミュージックとダンスで描く日本初上陸のミュージカル。

梅田芸術劇場主催公演「音楽劇 道 La Strada」 日生劇場
開催期間:12月8日〜28日/Tel:3503-3111
出演・草剛、蒔田彩珠、海宝直人、佐藤流司ほか
フィデリコ・フェリーニ監督の名作映画『道』を日本で初舞台化。男と女と道化が繰り広げる美しく残酷な物語。

銀座ぶらっとコンサート#129 ステラ・トリオVol.2 銀座王子ホール
開催期間:12月20日/Tel:3567-0200
出演・小林壱成、伊東裕、入江一雄、篠崎“まろ”史紀
MAROワールドから誕生した、若手ピアノトリオが登場。

宝塚歌劇宙組公演 東京宝塚劇場
開催期間:〜12月24日/Tel:0570-00-5100
『白鷺(しらさぎ)の城』
『異人たちのルネサンス−ダ・ヴィンチが描いた記憶−』
真風涼帆主演。千年にわたり争い、そして惹かれ合う陰陽師と妖狐の宿縁を描く日本ものレヴューと、生涯に謎を残すレオナルド・ダ・ヴィンチの創作の源が、ある女性への愛であったと仮定し周囲との愛憎を描いたミュージカル。


画廊案内(9件)

前田昌良 新作展 「ひそやかな一歩」
77gallery
開催期間:〜12月6日/Tel:3574-1601
小説の表紙や雑誌などで知られる作家の絵画作品と小さな動く彫刻作品、それぞれ10数点を展示。

白鳥信之展
シロタ画廊・シロタ画廊2
開催期間:12月3日〜8日/Tel:3572-7971
北海道を拠点にしている作家が描く、北に生きる人々の人物画と、神話時代から歴史を内包する熊本・宮崎奥地の油彩画。大作から小品、スケッチあわせて45点を展示予定。

歳末感謝市2018
ギャラリー一枚の繪
開催期間:12月3日〜27日/Tel:3575-0123
創業50年の感謝を込めた、人気画家の作品を集める歳末の感謝市。油彩・水彩・日本画など、ジャンルを越えた名品約150点が揃う。

ミニヨン展
日動画廊
開催期間:12月4日〜27日/Tel:3571-2553
物故巨匠作家から、若手新人作家まで。4号以下の小品を壁いっぱいに飾る、毎年恒例の展覧会。

檜山永次のなんたってダンボール
ACギャラリー
開催期間:12月10日〜15日/Tel:3573-3676
パッケージデザイン・ペーパークラフトを仕事とする作家が40年以上制作してきたダンボールアート、約50点を展観する。

久下奈利子展
うしお画廊
開催期間:12月10日〜15日/Tel:3571-1771
出会った人々との関係や、幸せな時間を絵の中に表現している作家のカンヴァスにアクリルの作品、約15点を展示する。

エイブル・アート・アワード2018 展覧会支援部門【特別展】
ガレリア・グラフィカbis
開催期間:12月17日〜22日/Tel:5550-1335
障害のある人たちの創作活動の支援と、作家発掘を目的としたプロジェクトの特別展。今回は20回目を記念して、過去の受賞者の中から4人の作品を紹介。

アンチーム展
ギャラリームサシ
開催期間:12月17日〜22日/Tel:3564-6348
1966年に発足のグループ展。絵画立体・具象抽象を問わず、「抒情(アンチーム)」を表現し半世紀。途切れることなくたすきを受け継ぐ16人が、今年も新作を発表、掉尾を飾る。

アートで綴る 和光歳時記
和光ホール
開催期間:12月19日〜25日/Tel:3562-2111
工芸や美術などのジャンルで活躍する作家14名による、日本の四季折々をモチーフにした作品を集めた展覧会で、飾るときにも、使うときにも気持ちが華やぐ、彩り豊かな作品約300点を展観。

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2018 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会